デリーケートゾーンの黒ずむ原因を説明!

イビサクリーム口コミ
デリケートゾーンの黒ずみって人にはなかなか相談できないですよね。
でも実は、黒ずみやすいのはデリケートゾーンだけではないんです。
黒ずみの原因は主に3つあります。

メラニン

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、顔にできるシミと同じメラニンです。

 

加齢や妊娠などのホルモンバランスの乱れにより、体内で生成されたメラニンが増加し、色素沈着すると黒ずんで見えます。

 

皮膚の黒ずみはメラニンの色素沈着によるものということから、メラニン活性が高い黒人は陰部も黒ずみやすい傾向があるとされています。白人はメラニン活性が低く、日本人はその中間になります。

 

ですから自分だけが黒いかも!と悩まず、大半の人が黒ずんでいるといえるので必要以上に気にしなくていいでしょう。

 

また、「性的な経験が多いほど陰部が黒ずんでいる」という説も全くのウソですので、ご安心ください。

 

摩擦

顔やワキは皮膚が薄いのでスキンケアや脱毛により刺激を受けやすいところとされています。

 

刺激を受けることによって、メラニンを生成する細胞(メラノサイト)がメラニン色素を生成し、黒ずみやすくなります。

 

陰部も同様に下着などの摩擦が刺激になると考えられています。

 

お手入れをしていない

顔は毎日化粧水や乳液を塗って、お手入れをすることができますが、日本人女性でデリケートゾーンを日頃から手入れしている人は少ないかもしれませんね。欧米の女性はデリケートゾーンのケアが当たり前のように行われています。

 

下着の締め付けやボディーソープで強くゴシゴシするといったことも皮膚への刺激になり、黒ずみの原因につながるので気を付けましょう。

 

デリーケートゾーンの黒ずむ予防を説明!

 

夏になって水着を着ようとしてふと、デリケートゾーンの黒ずみが気になったりと、女性の悩みのひとつです。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、下着や衣類との擦れや締め付けによる肌への刺激か考えられます。

 

きつすぎる下着などは避けるとともに、いつも同じ位置に口ゴムなどが当たらないように、穿き込みの深さや形を変えるようにします。

 

最近女性にも定着してきたボクサータイプのショーツも足ぐりの締め付け感がなく、肌に優しいです。

 

また、デリケートゾーンのムダ毛の自己処理によっても色素沈着を起こして黒ずみの原因になります。

 

シェーバーを当てる時にはクリームやソープを使う、脱毛も器具やクリーム、ワックスを正しく使って肌への刺激を少なくしましょう。

 

また、併せて入浴時や後のケアにも気を配りましょう。

 

デリケートゾーンはしっかり泡立てたソープで優しく洗い、擦り洗いをしないようにします。

 

黒ずみが気になる部分には、ホワイトニング効果のあるクレイパックなども有効です。

 

ザラザラしている場合は、スクラブ入りの洗浄料で優しく洗います。

 

デリケートゾーンなのでしっかり流すことも大切です。

 

入浴後のケアとしては、しっかりと保湿をすることです。

 

保湿によって肌の柔らかさを保つことができます。

 

肌に潤いを与えてから、ボディーミルクなどで表面を保護します。

 

しっかり肌をケアすることで、衣類との擦れによるダメージも受けにくくなります。

 

黒ずみはなかなか解消しにくいので、衣類に気を付けたり、毎日のケアで予防をしていくことが大切です。

 

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム